“POPは人をHAPPYにする”

アートは富裕層の資産や投機目的での存在が大きく現在でもその要素は強いです。「アートはむずかしい」「よくわからない」と一般の人が少し手の出せない格式の高いイメージがあります。1950年頃からアンディーウォーホルやリキテンスタインなどの出現により始まった"ポップアート"とはそういう一部の人間だけのためでなく誰でもが楽しめる大衆のための平等的芸術、民衆芸術として広まり現在でもそのジャンルは確立されました。

ハタヤママサオのアートはポップアートです。

それは浮世絵や漫画など日本人が自然と受け継いできた日本の大衆芸術のDNAとハタヤママサオ自身から溢れでる革新的な発想と独創的な色彩から生まれてくる感性の作品は世界の他とは違う日本人特有のポップアート"JapanesePopArt"を表現しています。

コンセプトに「POPは人をHAPPYにする」と掲げているようにハタヤママサオのポップアートは人の心をハッピーにします。芸術の小難しい解釈やコンセプトを除外し子供の頃に感じた"絵を描く楽しさ"をそのまま作品に体現することで見た人に純粋な気持ちや楽しさ、勇気や元気を与える作品を数多く発表しています。

そしてそのポップアートというものをさらに解釈した上で、大衆の誰でもが楽しめるアートがポップアートとするならばインテリアとしてのアートや身に付けるアート、普段使いできるアートなど身近でライフスタイルの一部にアートを取り入れることがすでに"ポップアート"であると考えています。

ハッピーな作品が多いハタヤママサオのポップアートを日常に取り入れることは誰でもが人生をハッピーに過ごすことができ、それは閉塞感が漂う混沌とした現代において日常を彩る最適なアイテムであり必要なアートだと思います。

 


 

アートに対する固定概念やビジネスとして育たない環境にある日本ではほとんどのアーティストが芸術で食べていけないのが現状です。

は自身の活動を通してアートの「よくわからない」という固定概念を壊しもっと身近なものにすることでたくさんの未来のアーティストたちのが活躍のしやすいPOPでハッピーな社会になることを想像して活動を続けています。

                                         

                                          hataPOPworks ハタヤママサオ

サマソニ.jpg