“POPで世界をHAPPYにする”

ハタヤママサオのアートは

誰しもが子供の頃に感じてたような"絵を描く楽しさ"を全面に体現し、そこに"今の様々な思い、メッセージ”をのせることで、ワクワクするような楽しい気持ち、ドキドキするような希望や勇気、そんなパワフルでハッピーなポップアート作品を数多く発表しています。

ポップアートとは

元々1950年頃のアメリカでアンディーウォーホルやリキテンスタインなどの出現によりアートが富裕層の資産や投機目的での一部の人間しか

楽しめなかったものを"平等的芸術、大衆芸術"として誰でもが楽しめるアートとして確立させたことで生まれました。

日本はアートに関して、「むずかしい」「よくわからない」と現在でも一部の人だけのものであったり一般の人が少し手の出せないイメージがまだまだあります。

しかし、絵画だけがアートではなくインテリアでのアートや身に付けるアート、普段使いできるアート、壁画で一緒に自撮りするアートなどライフスタイルの一部にアートを取り入れ誰もが楽しむことはすでにアートだし、大衆芸術としてのポップアートにはそれが可能だと思っています。

ハタヤママサオから生まれてくるポップアートは

日本人が自然と受け継いできた浮世絵や漫画などの大衆芸術のDNAと自身から溢れでる自由な発想と既成概念にとらわれない色彩感覚が融合した独自のジャパニーズポップアートでありその独特な世界観から"hataPOPart(ハタポップアート)"と称して展開しています

そんなハタヤママサオのポップアート"hataPOPart"を日常に取り入れることは日々に彩りをもたらし、人の心をハッピーにし人生を豊かな気持ちで過ごせるものだと信じています。そして作品を通しハッピーな気持ちが1人でも多くリレーしていけば、その輪はいずれ

世界中のハッピーに繋がると心から信じています。

コンセプトは「POPで世界をHAPPYにする」

たくさんの方に作品を知ってもらうために、世界中の方にリレーしてもらうために良い絵を描き続けること、作品を世に出していくことは社会から、そして世界から求められている役割であり使命だと思いアーティスト活動を続けています。

                                               


 

                                         

                                          

hataPOPworks ハタヤママサオ
2021サイン.png